ホーム » 未分類 » 美容皮膚科でシミ消し

美容皮膚科でシミ消し

深いシミや顔全体のくすみは本当にやっかいなもの。女性にとっても悩みの種です。特に年齢が高くなると全体がくすみ表情まで暗くなります。そして昔からあった小さなシミがだんだん大きくなることも。シミと言えばやっぱり美容皮膚科に頼るのが一番。特に人気があるのがQスイッチレーザーです。皮膚の深い部分にある太田母斑や怪我、事故などによるシミ、それに現代では刺青消しなどにも使用されていますまた加齢によるシミやそばかす、唇のシミなどさまざまなシミに対応。

ただしQスイッチルビーは副作用として照射した後は、シミの部分はとても痛々しい状態に。保護テープもはるので、外でもちょっと目立ちます。マスクが必要な時期が10日間ほど。1週間もすると大きなかさぶたも取れて驚くほど白くなります。多くの場合この後また色素沈着が起こります。つまり一度照射をすると急激に綺麗になった後、また同じようなシミが浮き出てくることがほとんど。これを繰り返して綺麗になっていきます。小さいシミなら1回でもOK。しかし大体深いシミの場合は5~6回の照射が必要となります。

施術後は洗顔やメイクをすることも問題なし。ただしかさぶたができ、保護テープを貼るのでメイクはなかなかしづらいとも言えそうです。とにかく日焼けが一番の大敵。紫外線を避けるためにもマスクはおすすめ。また帽子や日傘など徹底的に日光を避けたいところです。そういう意味からも冬の方が施術しやすいのではないでしょうか。